広がる市場

みなさんは、全世界で『RPA』というキーワードがどれくらい検索されているのかご存知ですか?答えは約25万件/月です(2018年2月時点)。そしてそのうちの約半数がなんと日本で検索されています。働き方改革の推進もあり、日本は世界で一番RPAに興味を持っている国だといってもいいでしょう。
RPAとは、人がパソコンで行う単純作業をロボットに記憶させ全自動で代行することを目指すテクノロジーで、デジタルレイバー(仮想知的労働者)とも呼ばれています。RPAの普及は、労働時間の短縮や人件費の削減だけでなく、人が本来の業務に集中でき、業務品質の労働意欲の向上にもつながり、働き方改革にも一役買うテクノロジーだと期待されています。

具体的に何ができるの?

基本的RPAは、人がパソコンを使ってできる大半のことの代行することが可能ですが、下記に身近で分かりやすい事例を掲載しています。現状は比較的RPAを導入しやすいルールと手順がしっかり決められた定型処理作業を優先的にRPAに置き換えている企業が多いようです。

経理業務

交通費精算、請求書処理、ネットバンクへの入金など

人事・労働業務

求職者へのメールの受信・返信。従業員の勤怠管理と給与計算など。

ECサイト運営

商品の登録や商品画像のアップ、注文者への発送連絡、売上分析など。

分析・調査

アクセス分析・広告効果などのレポート自動作成やWebでの競合商品の価格調査など。

RPAに期待される効果

働き改革がうたわれる中、RPAを導入することで残業を減らし、人件費を削減しながらも業務の効率化を目指す企業が増えています。ロボットは24時間稼働でき休みはいりません更に人的ミスの解消にもなり、事業の生産性を上げるサポートが実現可能です。

企業

・作業時間の短縮
・効率化
・残業の削減
・人件費削減
・人手不足の解消
・人的ミスをなくす
・セキュリティ強化

労働者 (社員)

・付加価値の高い業務への集中
・業務品質の向上
・労働意欲の向上
・ワークライフバランスの実現

RPA導入検討時によくある悩み

自社でRPAを導入したい、もしくは既に導入をしている企業様では下記でお悩みの場合が多いのではないでしょうか?

導入前の悩み

・何から始めたらいいかわからない
・自社に合った導入方法を知りたい
・どの業務に対してRPAを導入できるのか
・どのソフトにしたらいいかわからない

導入後の悩み

・導入はしたが、効果的に使えていない
・サポートしてくれる会社がない

当社では、上記のような悩みをお持ちの企業様の課題を診断し,
導入前から導入後のサポートまでをワンストップで提供します

RPAコンサルティングのフロー

業務に最適なRPAソフトウェアの組み合わせを提案し、導入前診断、業務分析、RPAの設計・導入、研修、サポートまで一貫してご提供します。

ヒアリングと診断

まずはヒアリングを行い業務の現状を把握します。業務がRPAに置き換えることができるか、顧客の成功につながるか診断いたします。

業務の分析

RPAの導入が決まったら、業務のプロセスを綿密にヒアリングを行い、その結果を元に現状のプロセスを可視化、そして適したRPAの導入方法を検討します。

RPA導入・設計

業務にに最も適したRPAソフトウェアを選択し、設計と開発を行います。

導入・設計・サポート

RPAの導入を行い、同時に導入研修を行います。導入後も運用のサポートを行います。

Contact

当社では、RPAの導入に関するご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご相談・お問い合わせ

電話で相談する
03-6883-2610

【受付時間:平日10:00~18:00】